環境事業推進

概 要

持続可能な社会の実現に向けては、「脱炭素」「循環経済」「分散・自然共生」を統合的に展開することが重要です。脱炭素では2050年までのカーボンニュートラルの実現、循環経済ではライフサイクル全体での徹底的な資源循環の実現、分散・自然共生では2050年までの生物多様性の長期目標である「自然との共生」の実現に向けて、産業界での環境対策はもとより、国民一人一人そして社会全体のライフスタイルの転換が必要です。

環境事業推進では、環境に関する市場動向や技術動向の調査・分析などにより、脱炭素社会等の実現に向けた皆さまの取り組みを支援します。

主な実績

環境省 低炭素型の行動変容を促す情報発信(ナッジ)等による家庭等の自発的 対策推進事業(2019~2021)
技術調査研究支援・自主調査研究
2019~2021年度
ユーザー:官公庁・独立行政法人等
環境省 ブロックチェーン技術を活用した再エネCO2削減価値創出モデル事業 (2018~2021)
技術調査研究支援・自主調査研究
2018~2021年度
ユーザー:官公庁・独立行政法人等
環境省 ナッジを活用した飲食店等の集客等の評価検証事業(2020)
技術調査研究支援・自主調査研究
2020年度
ユーザー:官公庁・独立行政法人等
環境省 意識変革及び行動変容につなげるナッジの横断的活用推進事業(2021)
技術調査研究支援・自主調査研究
2021年度
ユーザー:官公庁・独立行政法人等

業務内容

環境関連の市場の調査と分析

環境関連の技術動向の調査と分析

社会実験の企画、実験、分析

行動経済学を活用した事業企画支援