ENGLISH
お問い合せ

地震前兆やいかに

~電波による複眼観測~

earthquake2著者:吉田彰顕

¥2160 単行本 送料無料

 

 

 

 

 

内容紹介

「地震前兆は見つからなかった」

20年間に全国18か所で聴いた自然の声は
介護現場や土砂災害地域の監視など
新しい可能性の世界へと導いてくれた

(まえがきより)
今日、地震予知に高い期待と関心が寄せられ、地震前兆としての電磁現象を捉えようと、いろいろな周波数帯で、多くの人達が地道に観測を行っています。
1995年1月17日、兵庫県南部地震(阪神淡路大震災)が発生し、電磁波異常を観測したとの報告が多数寄せられました。
当時私は、NTTで無線通信システムの研究開発に従事していましたので、地震と電磁波の関係に興味を持ち、1996年より業務の合間、横須賀研究所最上階の一角に観測系を構築し、一人で観測を始めました。

観測開始当初は、すぐに地震前兆現象をキャッチできるだろうと思っていましたが、観測点を増やし、かつ複数年の観測を継続すればするほど、地震以外の要因による電磁現象の方が、はるかに多いことに気付きました。

書籍の情報
単行本 260ページ
発行 2016年2月
ISBN 978-4908520020
サイズ A5

 

本を購入する
「地震前兆やいかに」

  • PayPalでの購入
    クレジットカードかPaypalアカウントでのご購入の場合、「今すぐ購入」ボタンからお申し込みください。

  • 銀行振込みでの購入はこちら
    銀行振込みをご希望の場合は、以下「お振り込みでの購入」のメールフォームをご利用いただき、「お問合せ内容」欄に、書籍タイトルと冊数を忘れずにお書きください。 \2160(税込) 送料無料

お振込みでの購入の方

本を出版したい方へ

サイバー出版センターでは、自費出版のお手伝いをしています。
「本を出したい」「人生の集大成をしたい」「想いを伝えたい」。
だけど、「執筆するのは大変」「独りよがりのものは出したくない・・・」
そんな方の、世界で唯一の人生経験や貴重な体験、それらを通じて得た哲学やメッセージ、継続してきた研究テーマ、アートなどを、大切な家族や友人、後輩、見知らぬ若い世代の人たちに伝えていく、生きた知恵の伝達をお手伝いいたします。
お問合せはこちら


To Top